​アンティ-クの暖炉の再生

アンティ-クの暖炉の中には、暖炉の口が非常に大きく開き、奥行きが浅く、煙突が非常に小さいものが多々あります。このような暖炉は、安全ではありません。

そこで、弊社では、暖炉の口にフ-ドを取り付け、安全にお使い頂けるようにしています。

お客様には、既存の暖炉に合う形のフ-ドのデザイン及び素材をお選び頂けます。弊社でフードの大きさと熱効率の計算をした後、お客様の暖炉に必要な大きさのフードをお作り致します。

 

  • ステンレススチ-ル

  • バ―ニッシュ加工したスチ-ル

  • 塗装したスチ-ル

  • 耐候性スチ-ル

  • ​銅

  • ブラス

​【オプション】

 

  • ダンパ- /ドラフトの調節

  • 必要に応じたダンパ-の位置の調節

遮熱板を併せてお使いになることをお勧め致します。

また、フードに代わる別の方法には、暖炉の口の部分を狭める方法があります。弊社では、熱を逃さず快適なお部屋にすると同時に、ドラフトがしっかりと機能するよう、口の部分にステンレスで厚みを持たせた施工をしております。

弊社開発、特許取得のジルコフォ-ムは、

安全で手間がかかりません。​

​フードの取り付けの際にも

是非御利用下さい!

​インフォメーション